クラウド時代のパートナー 株式会社 pnop

Azure Marketplace "Apache JMeter - Standalone" 使用方法

はじめに

このドキュメントはAzure Marketplaceで提供されている "Apache JMeter - Standalone"の説明書です。

Apache JMeter - Standaloneとは

"Apache JMeter - Standalone" は、JMeterを単体のサーバー上で稼働させ、負荷テストをすることを目的としています。

※複数サーバーのApache JMeterから負荷をかけたい場合は今後提供予定の、"Apache JMeter Multi Server" をご利用ください。

Apache JMeter - Standaloneの特徴

  • Azure Virtual Machineとして提供
  • CentOS 7.7
  • Remote Desktop Service導入済みなのでWindowsのリモートデスクトップから接続可能
  • Apache JMeter 5.2導入済み
  • 日本語、韓国語、中国語フォント導入済み

システム要件

  • Microsoft AzureのVirtual Machineとしてデプロイされていること
  • Virtual Machineが TCP/3389 への接続を受け付けること (Remote Desktop Serviceで外部からの接続を受け付け、GUI操作をしたい場合)
  • Virtual Machineが TCP/22 への接続を受け付けること (SSHで外部からの接続を受け付け、操作をしたい場合)

構築方法

Azure Marketplaceからフィルタ条件として "jmeter single pnop" を入力して、"Apache JMeter - Standalone" を検索後、通常の仮想マシンと同様にデプロイします。

Azure Marketplaceからの仮想マシン作成時、初期状態ではインターネットからアクセス可能なパブリックIPアドレスが作成されます。

規定では仮想マシン作成時に併せて作成されるNSGの受信ルールではインターネットからのアクセスはすべて遮断された状態となりますが、VNET Peering, Site to Site VPN, Express Route(private peering)で接続されている別の仮想ネットワーク及びオンプレミスネットワークからのアクセスは全て許可された状態となります。

想定していない接続元からはアクセスされないように、NSGの設定は厳密に実施する必要があります。

既存の仮想ネットワーク内に構築する場合

  • Apache JMeterの仮想マシンに対してどの操作元からRemote Desktop Serviceもしくはsshで接続させるかを確認します。
  • Apache JMeterの仮想マシンデプロイ後、所属させるサブネットのNSGの受信・送信ルールで、操作元からTCP/3389もしくはTCP/22を接続許可します。
  • NSGのデフォルトの受信ルールに書かれているVirtualNetworkタグのルールにより、想定外の場所からApache JMeterの仮想マシンにアクセスできてしまう場合があるため、適宜NSGに拒否ルールを追加します。

新規の仮想ネットワーク内に構築する場合

  • Apache JMeterの仮想マシンに対してどの操作元からRemote Desktop Serviceもしくはsshで接続させるかを確認します。
  • Azure Marketplaceからの仮想マシン作成時、若しくは仮想マシンデプロイ後、NSGの受信ルールで接続元からTCP/3389もしくはTCP/22を接続許可します。(インターネットからのアクセス時に送信元のソースに「任意」は指定せずに接続元のグローバルIPアドレスを明示的に指定します)

利用方法

お好みにより、Remote DesktopによるGUI操作と、SSHなどによるCUI操作を選択できます。
※ 一般的なApache JMeterの使い方は本ドキュメントでは割愛します。

GUIによる操作

  1. Remote Desktop接続

    1. クライアントPCからリモートデスクトップ(RDP)で接続します。

      • コンピューター : 作成した仮想マシンのパブリックIPアドレス
    2. リモートデスクトップ画面が表示され、[Login to (仮想マシン名)]のダイアログが表示されるので、以下の情報を設定して [OK] をクリックします。

      • Session : Xvnc
      • username : Marketplaceからデプロイした時に指定したユーザー名
      • password : Marketplaceからデプロイした時に指定したパスワード
  2. Apache JMeterの起動

    1. リモートデスクトップ画面の [jmeter] をダブルクリックします。

    2. 初回起動時のみ「The application launcher "jmeter.desktop" has no been maked as trusted. If you do not know the source of this file, launching it may be unsafe.」と表示されるので、「Tsust and Launch」をクリックします。

    3. [Options] メニューの [Choose Language] から表示言語の変更が行なえます。

CUIによる操作

SSHまたは、Azure Virtual Machineのシリアルコンソールで接続し、操作してください。
JMeterのパス:/usr/local/jmeter

その他

ソフトウェアのアップデートについて

CentOS及びJMeterをはじめとした各種のソフトウェアバージョンは、Azure Marketplaceに登録時点の最新 Version が適用済みです。
必要に応じてCentOSおよびソフトウェアのアップデートを行ってください。

FAQ

  • Remote DesktopでVirtual Machineに接続できない
    • Virtual MacineにTCP/3389ポートで接続できる必要があります。
      以下を確認してください。
      • サブネットやNICに割り当てているAzure NSGでTCP/3389の受信を許可する設定になっているか?
      • Azure LoadBalancer経由の場合はそのLoadBalancerが適切に仮想マシンのTCP/3389にフォワードするようになっているか?

サポートについて

サポートは有償にて承ります。

  • サポート対象お問い合わせ例
    • 対象のソリューションがAzure Virtual Machineとしてデプロイできない
    • デプロイ直後のAzure Virtual Machineが正常に動作しない
  • 以下はサポート対象外になります
    • CentOSやJMeterに関する一般的な使用方法
    • Azureに関する一般的なご質問については『Azure技術支援サービス』にて承ります。

サポートをご希望の方は以下にお問い合わせください。

株式会社 pnop - Marketplace Solutionsサポート営業窓口

info@pnop.co.jp

Copyright(C) 2019 pnop inc, Allrights Reserved.